パレンケ(メキシコの絶景)

パレンケ(メキシコの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

パレンケ(メキシコの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

パレンケ

(Palenque)

場所

チアパス州

(Estado de Chiapas)

時差

14時間

時期

11月~4月

 

パレンケは西暦4世紀~9世紀頃に栄えたマヤ遺跡です。宮殿を中心とした構造は「マヤ遺跡の典型」といわれています。

 

また、ここから出土した「翡翠の仮面」は「値段がつけられないほどの貴重な発掘品」と言われ、マヤ文明最大の発見とされました。

 

さらに、パレンケの最盛期を治世したパカル王の石棺は「オーパーツ」として世界的に有名で、パレンケの名を別な視点からも広めることになりました。

 

ジャングルの中に突如現れる壮麗な遺跡群は圧巻であり、中米の遺跡の中では、ティカルやカラクルムらと並びトップクラスの人気を誇っています。

 

メキシコの絶景

 

 

■目次

 

 

■アクセス

 

拠点はビジャエルモッサ(ビジャエルモーサ、ビヤエルモサ)かパレンケの町。

 

ビジャエルモッサは、メキシコシティとカンクンの中間に位置する街で、それぞれから飛行機で約1時間半になります。各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

まずは、ここから日帰りツアーなどに参加する方法があります。遺跡まではバスで約2時間半です。

 

また時間がある方は、さらに最寄りのパレンケの町まで行くのもありです。ここは遺跡まで8kmの距離なので車に乗ったらすぐに到着します。
ここまで来る人の場合、多くは、グアテマラのティカル遺跡の拠点であるフローレスに抜けるツアーに参加します。このツアーは片道と往復があって、そのままグアテマラに行くこともできるし、2泊3日で戻ってくることもできます。

 

■長距離バス

・メキシコシティから:15時間
・メリダから:8時間
・カンクン:13時間

 

 

■拠点の街「ビジャエルモッサ」

 パレンケ(メキシコの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

ビジャエルモッサはタバスコ州の州都で、天然資源に恵まれており、メキシコでは「南東のエメラルド」と呼ばれています。

 

春から秋にかけては最高気温が40度に達する地域でシーズンを間違えるとエラいことになります(^^;) 

 

春にはたくさんの熱帯植物の花が街を彩るため、非常に美しい街並みとなります。宿はたくさんありますので、こちらからご覧下さい。

 

 

■拠点の街「パレンケ」

 

 

パレンケは遺跡観光の拠点となる小さな町です。大通りが1つあり10分あれば端から端まで歩くことができます。グアテマラに抜けるツアーなども、ここが発着点になります。こじんまりとした可愛らしい町なので、遺跡から戻ってきたら久しぶりに、のんびりとした贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

パレンケは川魚のティラピアが美味しいので、夜はティラピア料理を堪能してみてください。宿はたくさんありますが、ピークシーズンであれば予約しておくことをおすすめします。
 旅の大辞典

 

 

■歴史

パレンケは後述する「パカル王」の治世で全盛期を迎えます。パカル王は12歳で即位し、その後68年間在位し、80歳で亡くなりました。即位した時には危機に瀕していたパレンケを、彼と子供の代で見事に復活させたそうです。今日、パレンケで見られる建造物の多くはパカル王親子によって造られたものです。

 

しかし、パカル王の2代後の王「キニチ・カン・ホイ・チタム2世」が敵国の捕虜となってしまう事件が起こります。これが王の権威を失墜させることとなり、次第に王族よりも貴族が力を持つようになりました。そして9世紀末、ついに都市は放棄されてしまいます。そこから18世紀の半ばにスペイン人によって発見されるまで、パレンケは密林の中で眠り続けることになりました。

 

それでは、ここからは各建造物を紹介していきます。

 

 

■髑髏(ドクロ)の神殿

メキシコの絶景

 

遺跡に入っていくと、まず現れるのがこちらです。とても美しく壮大な建造物で、おそらく誰もが「パレンケすげぇ…来てよかった…」と思うことでしょう。
嬉しいことに上部まで登ることが可能です。そこからの景色はなかなかに素晴らしいので、ぜひ登ってみてください♪

 

また、遺跡はここから左に向かって広がっていくのですが、そこの景色もとても雰囲気が良いですよ♪

 

メキシコの絶景

 

そして、写真の右奥に見えるのが、パレンケで最も重要な「碑文の神殿」です♪

 

 

■碑文の神殿

メキシコの絶景

 

メキシコの絶景

 

高さは23m。パレンケで最も高く、そして重要な建造物です。
パレンケの発掘は1948年に始まりました。4年後の1952年、メキシコの考古学者アルベルト・ルスが碑文の神殿で、地下に通じる階段を発見しました。3年かけてガレキを撤去した彼はついに5坪ほどの大きな部屋にたどり着きます。そこにあった石棺こそパレンケ王朝第11代王「パカル王」の石棺でした。
現在は中に入ることは出来ませんが、メキシコシティの人類学博物館に、墓の復元模型が展示されています。

 

パカル王は、たくさんの装飾品と共に埋葬されていましたが、その中にあって「値段がつけられないほどの貴重な発掘品」と称されるのが、パカル王の顔に付けられていた「翡翠の仮面」です。

 

メキシコの絶景

 

翡翠は古代マヤでは最高の宝石とされていました。

 

発見当初はバラバラになっていたのですが、復元され、メキシコシティの人類学博物館に飾られました。しかし、1985年12月24日、通気口から侵入したドロポー「黒いサンタクロース」によって、「アステカ黒曜石の壷」や「オアハカのマスク」等とともに盗まれ、世界的なニュースとなりました。その際はヘリコプターまで使うという、ルパン三世さながらの大掛かりな犯行だったそうです。幸いなことに、4年後に犯人が捕まり、人類の至宝は無事戻ってきました。

 

この発見は、中米のピラミッドが、エジプトのピラミッドのような「王墓」ではなく「神殿の土台」にすぎない、という定説を覆し、考古学会に衝撃を与えました。

 

そしてパレンケ遺跡を、さらに、別視点から有名にしているのが、パカル王が眠っていた「石棺」それ自体です。

 

この石棺は、縦3m、横2m、高さ1mで、重さはなんと5トンにもなるという1枚岩をくりぬいたものでした。その蓋に掘られていた絵が、世界中を震撼させたのです。

 

メキシコの絶景

 

「宇宙船に乗った古代人」の絵です。確かにどこをどう見ても宇宙船のようにみえてしまいますΣ(゚д゚lll)

 

そして、1968年、スイスのエーリッヒ・フォン・デニケンが著作「未来の記憶」の中で、「マヤ文明は宇宙人によって作られた文明である」と述べ、パレンケの石棺は瞬く間に「オーパーツ」として世界に知られることとなりました。

 

ただ、現在は謎解きが既に終わっているようで、これはやはりオーパーツではない、という結論が出ているようです。

 

メキシコの絶景

 

下記のサイトに詳細な謎解きが紹介されていましたので、興味のある方はリンクからご覧下さい。
出典:http://www.nazotoki.com/palenque.html

 

いかがでしたでしょうか。どうやら宇宙船では無いようですが、そうと分かってもロマンを掻き立てられますよね♪

 

 

■宮殿

メキシコの絶景

 

パレンケの中心的な建造物で、王族や貴族など高い身分の方の住居と考えられています。中央の塔は15mあり、マヤ建築としてはかなり珍しい4階建て構造になっていて、天体観測に使われていたと考えられています。

 

また、マヤ遺跡にはよくあることですが、こちらも何度か増築されていて、とても複雑な構造になっています。内部には水洗トイレやスチームバスの跡も残されていて、非常に高い文化水準だったことが伺えます。

 

ここは、内部に入ることができます。マヤアーチの回廊や宮殿から見える神殿など見ごたえたっぷりな場所なので、ぜひ知識を得てからじっくりと見て回ってください♪

 

メキシコの絶景

 

メキシコの絶景

 

メキシコの絶景

 

 

■十字の神殿

メキシコの絶景

 

宮殿から左奥に進むと、小さい広場を中心に3つの神殿があります。中でもパレンケの展望台の役割を果たしているのが、十字の神殿です。

 

浮き彫りなどが保存状態良く残っているので、それも見ものですが、やはり観光客にとってはここからの景色を拝み、写真を撮るのがパレンケ観光のハイライトになります。

 

メキシコの絶景

 

パレンケは写真で見ると大して広いように見えませんが、実際歩いてみると、やはりかなり広いです。天気が良いと、かなり体力のいる観光になります。そんな中で、十字の神殿は一番奥に位置していて、しかも階段がかなり長いんですね。この階段を登るのが非常にキツくて、途中で休んでる人たちもよく見られます。

 

しかし、それを登りきるとこの景色が待っているので、ぜひ頑張って登ってみてください♪

 

 

■太陽の神殿

メキシコの絶景

 

十字の神殿の手前にあります。保存状態がよく立派。奥の壁に掛けられた石版には、太陽神の楯を挟んで、パカル王とその後継者であるチャン・バールム王の姿が刻まれています。

 

いかがでしたでしょうか。ジャングルの中に突然と現れるパレンケ遺跡。マヤの中でもトップクラスに素晴らしいので、ぜひ行ってみてください♪

 

 

■備考

メキシコは世界的なダイビングスポットです!訪れる際は、必ずダイビングライセンスを取得しておくことをオススメします♪

 

もちろん体験ダイビングも豊富にあるので、ライセンスがなくても大丈夫なんですが、やはり体験だと行ける場所に限りがありますので、取得してからの方がカリブ海の楽園を満喫できます。

 

ダイビングの免許は3泊4日の「ライセンス取得ツアー」などでも取ることができますので、旅行しながら取得するのもオススメです♪

 

特に近年は東南アジアが安くて、食事も美味しくて、見どころもたくさんあって、大人気のようですね。様々なタイプのツアーがあるので、ご覧下さい。
■ダイビングライセンス取得ツアー(海外)

 

そして一生に何度も行けないであろうカリブ海を訪れるなら、水中カメラやハウジング付きデジカメは必ず持っていきましょう♪

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

 

メキシコへのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■ルックJTB
■阪急交通社
■近畿日本ツーリスト
■日本旅行

 

 

行き方

■航空便例
日本ービジャエルモッサ
(約20時間、アエロメヒコ航空、メキシコシティ経由)

 

■ビジャエルモッサーパレンケ遺跡(バスで約2時間半)
■パレンケの町ーパレンケ遺跡(車で10分)
■メキシコシティーパレンケ遺跡(バスで15時間)
■カンクンーパレンケ遺跡(バスで約13時間)
■メリダーパレンケ遺跡(バスで8時間)

ホテル検索

 

 ←ビジャエルモッサです。
 ←パレンケです。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

パレンケ(メキシコの絶景)詳細情報:旅の大辞典
メキシコの設定です。

備考

 

⇒メキシコの関連商品

 

⇒カンクンの関連商品

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

⇒水中カメラはこちら

 

 

 

 

中米のガイドブック

 



スポンサーリンク



パレンケ(メキシコの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆