「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典

 

名称

セノーテ・チキン・ハ

(Cenote Chikin Ha)

場所

メキシコ

(Mexico)

時差

夏:-14時間

冬:-15時間

時期

11月~4月

 

セノーテ・チキン・ハは、美しいハロクラインや光のカーテンを見られるダイビングポイントです。エリアが広いのでスノーケリングやジップラインなども楽しむことができます。水中に巨大な木の根が揺らめいている様子は必見です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典 

 

プラヤ・デル・カルメンは、カンクンから南に約65km離れた場所にある小さな港町で、コスメル島の正面に位置しています。リビエラ・マヤの中心地であり、メキシコグルメを堪能できる町としても有名です。人口は約15万人。プラヤ・デル・カルメンへのアクセスは、こちらからご覧ください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

プラヤ・デル・カルメン
Booking.com

 

 

■セノーテ・チキン・ハ

 

 

セノーテ・チキン・ハの周辺は自然公園として整備されていて、エリア内には4つの泉があります。

 

「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典

 

こちらは「Cenote X’tabay」(赤)。水面が広くてスノーケリングに最適です。

 

 

スノーケリングの他にも、ジップラインやマヤの儀式などを体験できます。ダイビングが目的の人は、さらに奥へ歩きセノーテ・チキン・ハ(青)を目指します。

 

「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典

 

そして到着。こちらがチキン・ハです。

 

「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典

 

こちらも水面が広くて大きな光のカーテンが期待できます(^^) 全体図はこのようになっています。ハイライトは奥にある「セノーテ・レインボー」(緑)です。

 

「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典
出典:https://prodiveinternational.com 拡大できます

 

最大水深は14mなので、初心者ダイバーでも安心して楽しめます。さっそくエントリー。

 

「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典

 

透明度はとても高いです。水中洞窟を通ってセノーテ・レンボーを目指します。

 

「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典

 

水深12mにはハロクラインがあります。マイナーなセノーテのため人が少ないので、ハロクラインがハッキリ見えるのが嬉しいですね(^^)

 

「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典

 

ハロクラインは「海水と淡水の境目」のことです。詳細は「セノーテ観光の基本情報」をご覧ください。そして、こちらがセノーテ・レインボー。美しい光のカーテンが、ときに七色に見えるそうですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典

 

ここでは崩落した天井の土が水中で重なり島のようになっています。そこに植物が生えていて巨大な根を見ることができます。

 

「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典

 

すごい生命力です(,,゚Д゚)

 

「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典

 

以上になります。ダイナミックな自然を独占できるセノーテ・チキン・ハ。ぜひ行ってみてください(^^)

 

日本で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロサンゼルス空港(約10時間)

 

ロサンゼルス空港-カンクン空港(約4時間半)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「セノーテ・チキン・ハ」徹底ガイド:旅の大事典
メキシコの設定です。

備考

 

⇒メキシコのガイドブック

 

プラヤ・デル・カルメン
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆