「セノーテ・フビク」徹底ガイド:旅の大事典

 

名称

セノーテ・フビク

(Cenote Hubiku)

場所

メキシコ

(Mexico)

時差

夏:-14時間

冬:-15時間

時期

11月~4月

 

セノーテ・フビクは、天井からの神秘的なスポットライトを見ることが出来るセノーテで、バジャドリド周辺のセノーテでは特に知名度が低いので、日本人のいない中で天然プールを楽しむことが出来ます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「セノーテ・フビク」徹底ガイド:旅の大事典 

 

拠点の街はバジャドリド。チチェン・イツァ最寄りの街で、メキシコ政府の観光局が「魔法のように魅惑的な場所」という視点で選んだ「プエブロ・マヒコ」の1つに選ばれています。16世紀にスペイン人が築いた街なのでコロニアルな雰囲気が残っています。人口は約5万人。

 

最寄りの空港は2つあります。

■カンクン国際空港(CUN)
・国内外合わせて約100都市に就航
就航路線一覧

 

■マヌエル・クレセンシオ・レホン国際空港(MID)/メリダ
・国内外合わせて15都市に就航
就航路線一覧

 

カンクンやメリダからバジャドリドへのアクセスは、こちらからご覧ください。各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

バジャドリド
Booking.com

 

 

■セノーテ・フビク

 

 

バジャドリドから北に車を走らせること約30分、エク・バラム遺跡との中間に美しいセノーテがあります。

 

「セノーテ・フビク」徹底ガイド:旅の大事典

 

ユカタン半島のセノーテでよくみる名前のオブジェですが、こちらのは単色じゃなく動物柄になっていているのでSNSでも人気です(^^) 営業時間は9時~17時、入場料は100ペソです。

 

「セノーテ・フビク」徹底ガイド:旅の大事典

 

こちらの階段の先にセノーテがあります。全体図はこちら。バジャドリド周辺の定番である竪型のセノーテです。

 

「セノーテ・フビク」徹底ガイド:旅の大事典

 

階段が終わると碧い泉が見えてきます。

 

「セノーテ・フビク」徹底ガイド:旅の大事典

 

そして到着です。画面をグルッと回して周囲を見てみて下さい。

 

 

スゴいですね(*´ω`*) 穴が真上にあるので、訪れる時間帯は正午前後がベストです。セノーテ・サムラやセノーテ・スイトゥンに似ていますが、こちらの方が空いているので写真撮影などはやりやすいです(^^)

 

「セノーテ・フビク」徹底ガイド:旅の大事典

 

泉の中には魚がたくさん。実はこれ、ナマズですΣ(゚∀゚ノ)ノ ドクターフィッシュがいるセノーテなどもありますが、ナマズというのもまた貴重な体験ですよね。

 

「セノーテ・フビク」徹底ガイド:旅の大事典

 

以上になります。美しいスポットライトが降り注ぐセノーテ・フビク。ぜひ行ってみてください(^^)

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「セノーテ・フビク」徹底ガイド:旅の大事典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロサンゼルス空港(約10時間)

 

ロサンゼルス空港-カンクン空港(約4時間半)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「セノーテ・フビク」徹底ガイド:旅の大事典
メキシコの設定です。

備考

 

⇒メキシコのガイドブック

 

バジャドリド
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆