「カラクムル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

カラクムル

(Calakmul)

場所

メキシコ

(Mexico)

時差

夏:-14時間

冬:-15時間

時期

11月~4月

(乾季)

 

カラクムルは、メキシコとグアテマラの国境付近の密林に存在する遺跡で、グアテマラのティカルに並ぶマヤ文明屈指の巨大遺跡として知られています。アクセスが大変なので日本での知名度は低いですが、素晴らしい遺跡なのでオススメです。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

 

 

カンペチェは、メキシコ湾岸に位置するカンペチェ州の州都で、1540年にスペインによって築かれました。コロニアルな建物が多く残る美しい街並みは、1999年に世界遺産に登録されています。人口は約21万人。

 

最寄りの空港はカンペチェ国際空港(CPE)。メキシコシティとのみ就航しています。各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

カンペチェ
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から南に約5km離れています。市内への移動方法はタクシーで、所要時間は5~10分、料金は約150ペソ(約780円)です。

 

 

■メリダからカンペチェへのアクセス

 

 

メリダのバスターミナルからカンペチェへの直通バスが出ています。深夜1時半~24時まで運行しているので、実質的に24時間運行と思って大丈夫です。

・1時間に3本程度
・所要時間:約3時間
・料金:150ペソ(約780円)

 

■カンペチェ
 

 

 

■カラクムルへのアクセス

 

カラクムルは、ジャングルの奥地に位置するためか未だにメジャーな観光地にはなっていません。個人で行く場合は、カンペチェから「シュプヒル(Xpujil)」の町までバスで行き、そこからタクシーになります。ただ、シュプヒルから遺跡の入り口までが約40km、遺跡の入り口から遺跡までが約60km。特に入り口から遺跡まではジャングルの中の細い道を走るので約2時間かかります。

 

片道約2時間半で、往復約5時間。もちろん現地で待機してらわないといけないので、それが3時間として合計約8時間になります。自動的に1日チャーターになりまして、料金は1000ペソ(約5000円)が目安です。シュプヒルに2泊する必要がありますし、シュプヒルまでの交通費なども考慮すると金額的なメリットはあまりありません。

 

また、カラクムルはティカル遺跡に似ていて、ジャングルの中に点在する建造物を巡る形になります。ティカル遺跡に行ったことがある人は分かると思いますが、とにかく広大な上に建造物が多いため、どこをどう見たら良いのかが分かりません。

 

その上、ティカルより遥かに観光客は少なく整備も進んでいないので、ガイドに案内してもらうのが効率的かつ安全です。結論としまして、カラクムルについてはツアー参加がベストだと思います。カンペチェから日帰りや一泊二日のツアーが出ているのでチェックしてみて下さい。

「カラクムル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■カラクムルの概要

 

 

カラクムルはマヤ文明の都市遺跡で200~900年頃に人々が居住していたとされています。特に6~8世紀に最盛期を迎え、562年には南のカラコル(ベリーズ)と共にティカル(グアテマラ)を打ち破り一帯の覇権を握りました。その130年後にティカルに破れてしまいましたが、ティカルと同じマヤ文明最大規模の遺跡が残されました。

 

「カラクムル」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.mochileandoporelmundo.com ※拡大できます

 

遺跡としての面積は、東京ドーム600個分に相当する約30平方km。その中に約6250の建造物が点在していて117の石碑が残されています。とはいえ、ほとんどが土に埋もれているような状態で、これから多くの新発見が期待できる遺跡です。

 

観光のメインは建造物Ⅰと建造物Ⅱ。下の絵の右側にある2つの大きなピラミッド型神殿のことです。「カラコムル」は「隣り合う2つの丘」という意味があるのですが、これは建造物ⅠとⅡが並ぶ姿から名付けられています。カラコムルの建造物には特に名前がついておらず、代表的な建造物にⅠ、Ⅱ~と番号がふられています。

 

「カラクムル」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.pinterest.dk

 

カラコムルが発見されたのは1931年でしたが、本格的に発掘調査が行われたのは1982年になってからでした。2002年に文化遺産として登録され、2014年には周辺の自然保護区と合わせ「カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林」として、メキシコ初の世界複合遺産に登録されました。

 

周囲には大きな河川がなく、雨季になると水がたまる「バホ」という溜め池を中心に都市が造られていきました。最盛期には中心部に約2万人、周辺部も含めると約5万人が暮らしていたとされています。

■カラコムル
・営業時間:8時~17時
・入域料:75ペソ
・入場料:70ペソ
・通行料:30ペソ

 

 

■建造物Ⅰ

「カラクムル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

建造物Ⅰは85m×95m×50mという巨大なピラミッド型神殿です。まだ観光地として整備が進んでいないため、カラコムルの建造物は基本的に登ることができます。画面をグルッと回して周囲を見てみて下さい。

 

 

 

■建造物Ⅱ


出典:http://viajar.especiales.elperiodico.com

 

カラコルムで最大の建造物で、140m×140m×55m。神殿ピラミッドであると同時に王墓でもあり、翡翠の仮面など豪華な副葬品が発見されています。ちなみに左奥に見えているのが建造物Ⅰです。

 

「カラクムル」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://twitter.com

 

上から見ないと全体像が分からない巨大さで、マヤ遺跡屈指の複雑なデザインになっています。ファイナルファンタジーなどのゲームに出てきそうなデザインでかっこいいですね(^^)

 

「カラクムル」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.pinterest.com.mx

 

マヤ遺跡の神殿は、古い神殿の上に新しい神殿を造るというスタイルで、この神殿もやはり二重構造になっています。頂上からの景色はこちらです。

 

 

以上になります。最大級のマヤ遺跡・カラクムル。ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本ーメキシコ・シティ空港(約12時間半)

 

メキシコシティ空港-カンペチェ空港(約2時間)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「カラクムル」徹底ガイド:旅の大辞典
メキシコの設定です。

備考

 

⇒メキシコのガイドブック

 

カンペチェ
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆