セノーテ・イキル(メキシコの絶景)

セノーテ・イキル(メキシコの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

セノーテ・イキル(メキシコの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

セノーテ・イキル

(Cenote Ik Kil)

場所

イキル自然考古学公園

(Eco-Arqueological Park Ik Kil)

時差

15時間

時期

11月~4月

 

ユカタン半島といえば「セノーテ」ですよね!

 

石灰質の土壌に降った雨が、長い年月かけて地中を削り巨大な洞窟群を作り上げ、海面や地下水の上昇に伴い水中洞窟となりました。その後、地表面が陥没し神秘の泉「セノーテ」が誕生しました。

 

ユカタン半島には大小あわせ数千以上ものセノーテが存在し、マヤ文明において巡礼や供物を捧げる地として崇拝されてきました。

 

現在「光のカーテン」が代名詞となり、世界の絶景の定番として、世界中から多くの旅行客を惹きつける観光スポットとなっています。

 

当サイトでは代表的な4つご紹介していますので、合わせてご覧下さい♪

 

①グランセノーテ(トゥルム)
②チャックモール(プラヤ・デル・カルメン)
③ドス・オホス(トゥルム)
④セノーテ・イキル(チチェン・イツァ)

 

 

■目次

 

 

■拠点の街

 セノーテ・イキル(メキシコの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

アクセスの拠点となるのは「メリダ」。チチェン・イツァウシュマルの拠点となる、人口80万人を超える大都市です。

 

通常はここからチチェン・イツァと合わせてツアーで訪れます。車で片道およそ1時間半になります。

 

チチェン・イツァについては、こちらで特集していますので、合わせてご覧下さい。

 

エネルギッシュな街ですのでセントロを中心に色々探索してみてください♪宿は山ほどありますのでこちらからチェックしてみてください。
 旅の大辞典

 

また、最寄りの町としては、植民地時代からの歴史をもつ「バジャドリド」があります。

 

 セノーテ・イキル(メキシコの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

バジャドリドはメキシコ政府が「魔法のように魅惑的な場所」として定める「プエブロ・マヒコ」の1つに選定されています。

 

セノーテ・イキルへは、車で約35分の距離です。美しい街ですので、ぜひ滞在してみてください。宿はこちらからチェックしてください。
 旅の大辞典

 

 

■セノーテ・イキル

さて、「光のカーテン」が見られる場所として日本でも有名になったセノーテですが、その元祖とも言えるのが、こちらの「セノーテ・イキル」です。

 

マヤの代表的な遺跡である「チチェン・イツァ」の近くにあり、その昔、神に生贄が捧げられた場所として世界的に知られています。

 

今日ではユカタン半島を代表する観光地の1つになっていて、常に多くの観光客で溢れています。

 

では早速ご紹介していきます♪

 

入口は整備されていて、レストランやトイレ、シャワーに土産物店などが完備されています。

 

メキシコの絶景

 

メキシコの絶景

 

セノーテは地上から約130フィート(約50メートル)の深さにあり、観光客はダンジョンさながらの階段を降りていきます。

 

メキシコの絶景

 

すぐにこんな感じになります。

 

メキシコの絶景

 

ダイの大冒険でアバン先生が修行した「破邪の洞窟」みたいですね…って、古いですね…これです(^^;)

 

メキシコの絶景

 

さらに降りていくと、途中で撮影ポイントが用意されています。

 

メキシコの絶景

 

ここからの景色がこちら!

 

メキシコの絶景

 

素晴らしいですよね~♪

 

そもそもセノーテとは、下のイラストのように、いくつかのタイプ(段階)に分かれます。 

 

メキシコの絶景

 

右から2つ目のイラストが、私たちが思い描くセノーテだと思います。「セノーテ・イキル」は、まさにこの形をしていて、訪れたものに「ついにセノーテに来たー!」という感動を与えてくれます♪

 

さらに降りていくと、いよいよ到着です。

 

「青の洞窟」さながらの泉が、あなたを迎えてくれます♪キレイですよね~!

 

メキシコの絶景

 

ただ一大観光地なので、着くときはおそらくこんな状態です(^^;) まぁ致し方ないということで。

 

メキシコの絶景

 

写真の左側が飛び込み台になっています。最高に気持ち良いので、ぜひ飛び込んでください♪約10mと、かなり高いんですが…

 

メキシコの絶景

 

ここはダイビングやスノーケリングというよりも、「プールでノンビリ」という感じの場所です。

 

ファミリーからカップルまで沢山の人がいるので、変に「セノーテ感」を求めずに、ジャングルの中の美しいオアシスで過ごす贅沢な時間を満喫してください♪

 

ただ、とにかく美しい場所ですから、飽きることはないでしょう。長い根っこが垂れ下がる様子は、あたかも映画「AVATAR」の舞台のようです。

 

メキシコの絶景

 

■「AVATAR」の一場面メキシコの絶景

 

こちらに行く時は、ぜひ「AVATAR」を見かえしてから行ってみてください♪ また、映画やジブリアニメの舞台となった場所をこちらで特集していますので、よろしければご覧下さい♪

 

大自然は実際に訪れると、写真で見たときの想像を大きく超えてくれるのが常ですが、こちらも言うに及びません。

 

鮮やかな植物の数々。幻想的な空間を演出する、垂れ下がった木の根。飛び交う様々な鳥と、その鳴き声。紺碧の泉に、ゆらめく光。冷たい岩肌に、人々の熱気。遠くまで来たかいがあったというもんです♪

 

メキシコの絶景

 

泳がない人のために、ノンビリくつろぐスペースも完備されていますよ。

 

いかがでしたでしょうか?チャック・モールやグランセノーテとは趣が違いますが、こちらも必ず訪れたいセノーテです♪

 

チチェン・イツァも素晴らしい遺跡ですので、ぜひ合わせて訪れてみてください。チチェン・イツァについては、こちらからご覧下さい。

 

当サイトではさらに3つのセノーテを特集していますので、行き先に合わせてご覧下さい。トゥルムやプラヤ・デル・カルメンについても、それぞれリンクからご覧いただけます♪

 

①グランセノーテ(トゥルム)
②チャックモール(プラヤ・デル・カルメン)
③ドス・オホス(トゥルム)
④セノーテ・イキル(チチェン・イツァ)

 

 

■備考

メキシコは世界的なダイビングスポットです!訪れる際は、必ずダイビングライセンスを取得しておくことをオススメします♪

 

もちろん体験ダイビングも豊富にあるので、ライセンスがなくても大丈夫なんですが、やはり体験だと行ける場所に限りがありますので、取得してからの方がカリブ海の楽園を満喫できます。

 

ダイビングの免許は3泊4日の「ライセンス取得ツアー」などでも取ることができますので、旅行しながら取得するのもオススメです♪

 

特に近年は東南アジアが安くて、食事も美味しくて、見どころもたくさんあって、大人気のようですね。様々なタイプのツアーがあるので、ご覧下さい。
■ダイビングライセンス取得ツアー(海外)

 

そして一生に何度も行けないであろうカリブ海を訪れるなら、水中カメラやハウジング付きデジカメは必ず持っていきましょう♪

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

 

メキシコへのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■ルックJTB
■阪急交通社
■近畿日本ツーリスト
■日本旅行

 

 

行き方

■航空便例
日本ーカンクン国際空港
(約15時間半、ユナイテッド航空、ヒューストン経由)

 

■カンクンーメリダ(バスで約5時間)

 

■メリダーセノーテ・イキル(車で1時間半)

ホテル検索

 

 ←カンクンの設定です。
 ←メリダの設定です。
 ←バジャドリドの設定です。
 ←メキシコシティの設定です。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

セノーテ・イキル(メキシコの絶景)詳細情報:旅の大辞典
メキシコの設定です。

備考

 

⇒メキシコの関連商品

 

⇒水中カメラはこちら

 

⇒カンクンの関連商品

 

 

 

 

中米のガイドブック

 



スポンサーリンク



セノーテ・イキル(メキシコの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆