「サンタアナ火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

サンタアナ火山

(Volcan de Santa Ana)

場所

エルサルバドル

(El Salvador)

時差

-15時間

サマータイム:無し

時期

11月~4月

(乾季)

 

サンタアナ火山は、エメラルドグリーンの美しい火口湖を持つ活火山で、比較的簡単に登頂できるので観光客に人気があります。山頂からは周囲を一望でき「コアテペケ湖」なども見渡せます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の町はサンタ・アナ。エルサルバドル第3の町で、20世紀初頭にはコーヒーの産地として繁栄しました。しかし、1980年代の内戦で大きな被害を受け、2000年代からはギャングがはびこる街となり治安が急速に悪化しました。現在は治安は回復していますが、夜などは出歩かないようにしてください。人口は約23万人。

 

最寄りの空港はエルサルバドル国際空港(SAL)。国外の約30都市に就航しています。最新の就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。空港から市内への移動などは、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

サンタ・アナ
Booking.com

 

 

■サン・サルバドルからサンタ・アナへのアクセス

 

 

サン・サルバドルの西バスターミナルから、サンタ・アナへの直通バスが運行しています。

・4時半~20時まで10分おきに運行
・普通バスと急行バスがある
・所要時間:1時間半~2時間
・料金:1~1.5US$

 

■サンタ・アナのバスターミナル
 

 

 

■サンタ・アナ火山

 

 

サンタ・アナ火山は標高2381mの活火山で、頂上には4つのクレーターがあり、その内の1つが美しい火口湖になっています。サンタ・アナからは「登山口まで個人で行き、そこからツアーに参加する」という形態になっているので、まずはサンタ・アナ市内の「ラ・ベンセドラ(La Vencedora)」というバスターミナルに行きます。

 

 

 

ここから山の麓にある「セロベルデ(Cerro Verde)」という駐車場へ行きます。

・1日1本のみ
・7:40発
・所要時間:1時間半~2時間
・料金:90セント

 

下車する場所がポイントで、最後までは行かずに直前の「エル・チベット(El Tibet)」という宿の前で下車して下さい。なぜか鳥居が立っているのですぐに分かります(^^;)

 

「サンタアナ火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

なぜここで降りるのかというと、最後まで行ってしまうと無駄な3US$を支払うことになるからです。下の地図をご覧ください。

 

「サンタアナ火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

サンタ・アナは右上にあります。バスは、まず「エル・チベット」(青)を経由して「セロベルデ」(紫)へ行きます。ここで観光客は下車して入域料として3US$支払います。10時45分が集合時間で、周辺にはキャンプ場もあるため、バスの乗客以外の観光客もやってきて、多いときには200人を超えるそうです。

 

そして11時にスタートするのですが、30分位山道を歩いて、なんとエル・チベット(青)へ戻ってくるんですねΣ(゚∀゚ノ)ノ そして、さらに少し山道を上がったところに正式な登山口があり、今度は入山料として6US$支払います。こちらの場所です。

 

「サンタアナ火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

つまり、サンタ・アナ火山の火口湖(赤)のみが目的であれば、エル・チベットで下車して、戻ってくるツアー客を待つことで入域料の3US$を支払わずに済み、無駄に30分歩く必要も無くなります。これは別にズルをしているわけではないので、安心してエル・チベットで下車して下さい。

 

全員が6US$を支払ったら、ボランティアガイドたちにチップとして1US$を支払い登山開始となります。1日1本しかツアーは出ないので注意して下さい。

 

「サンタアナ火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

出発して20分ほどすると周囲には絶景が広がっています。山の天気は変わりやすいので、町が暑くても上に羽織るものを持っていくようにして下さい。

 

「サンタアナ火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

途中にはエルサルバドルを代表する景勝地の1つである「コアテペケ湖」も見渡せます。上りで雲が出ていても下りで晴れていたりするので、どこかで一度は見えると思います(^^) そして登ること約1時間、ついに頂上に到着します。画面をグルッと回して周囲を見てみて下さい。

 

 

絶景ですねΣ(゚∀゚ノ)ノ エメラルドグリーンの湖はもちろんですが、周辺も素晴らしい絶景です。湖からは硫黄の香りが立ち上っているので、日本人としては懐かしい気持ちになります。大体13時頃に到着して、13時45分頃には下山が始まります。

 

帰りのバスもエル・チベット前から出ます。16時の1本しかありませんので注意して下さい。「248番」か「209番」のバスがサンタ・アナ行きです。

 

「サンタアナ火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。絶景の火口湖が見られるサンタ・アナ火山。ぜひ行ってみて下さい(^^)

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「サンタアナ火山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロサンゼルス空港(約10時間)

 

ロサンゼルス空港-エルサルバドル空港(約5時間)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「サンタアナ火山」徹底ガイド:旅の大辞典
エルサルバドルの設定です。

備考

 

⇒エルサルバドルのガイドブック

 

サンタ・アナ
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆